トップ > 酵素ファスティングダイエットのコツ > 酵素ファスティングダイエットのコツ4 -食事の戻し方-

酵素ファスティングダイエットのコツ4 -食事の戻し方-

酵素ファスティングダイエットの食事の戻し方について

通常のファスティングダイエットと同じように、酵素ファスティングダイエットにも一定のルールとコツがあります。今回のポイントは一番重要なものだと言えるでしょう。

ダイエット期間が終わり、通常の食事に戻していくことを復食といいます。断食が終わると気を抜いてしまいがちですが、この復食までしっかりと出来て初めてダイエット成功といえます。

断食期間が終わると早く普通の食事をしたいという気持ちはわかります。しかし休んでいた胃腸に今までどおりの食事をいきなり入れてしまうと、大変な負担がかかってしまいます。

胃腸にも休み明けのウォーミングアップが必要です。その準備を怠ると、リバウンドや体調不良の原因になってしまいます。

基本的なルールとして、断食後の3日間は復食期間とします。その間脂っこい食べ物はNGです。酵素や水分を摂取することを意識すると、自然とメニューが定まってきます。

消化のよいメニューに絞り、少しずつ胃腸を元の状態に戻していくようにします。ここで焦らないことが大切です。

オススメのメニューとしては、野菜たっぷりのスープやお粥、味噌汁、温野菜のサラダ、ヨーグルト、納豆、バナナなどがいいですね。消化がよく酵素も含まれています。

復食期間が終わっても、極力肉食は控えたほうがいいでしょう。たんぱく質は基本的に豆腐や豆類から摂る様にするといいですね。

他にも白米でなく雑穀米を用いたり、全粒粉を使ったパンやバスタなどに切り替えてみましょう。ガツガツ食べずに、ゆっくり時間をかけて食事をする習慣をつけたいですね。

酵素ファスティングダイエットのコツ

前の記事 | 次の記事

関連記事