トップ > 酵素と生活習慣の関係 > 睡眠の大切さと酵素の関係について

睡眠の大切さと酵素の関係について

睡眠と酵素の関係

人間の三大欲求のひとつである睡眠は人によっては一番大きい欲求になるのではないでしょうか。

恐らく食欲よりも大きいという方がたくさんいることでしょう。睡眠不足になるとイライラしたり集中力が欠けたりします。

また疲労がぬけなくなったり、自律神経のバランスが崩れるなどの悪影響が出てきます。

また、人間の活動には欠かせない酵素にも大きく関係しています。なぜなら、寝ている間に酵素はどんどん生み出されているからです。

体は機械と同じようにメンテナンスが必要なものです。機械ですと人間が修理点検すればいいのですが、人間の体にとってはそれが睡眠となるわけです。

夜の8時から明け方の4時ぐらいまでが、体にとってのメンテナンス時間となります。この間に使われた筋肉や神経、内臓、骨などを修復していくのです。

この時間帯に起きていると、メンテナンスをしっかりと行うことができません。同時に生み出されるはずの酵素の量も格段に減ってしまうのです。

すると、消化吸収などにたちまち影響が出てきます。酵素の量が減るために胃腸の負担が大きくなり、体のあらゆる部分に影響が出てしまうのです。

仕事をしているとなかなか難しい部分はありますが、できれば夜の10時、遅くとも12時までには寝床につくようにはしたいですね。その時間帯に眠ることが体にとって一番いいことなのです。

睡眠時間は人によってまちまちですが、出来れば6時間から7時間の睡眠時間を確保したいところです。短すぎるとメンテナンスの時間が足りなくなってしまいます。

どうしても寝つきが悪い、なかなか熟睡できないという方は、人気の安眠枕・快眠枕を試してみたり、アミノ酸系の不眠症対策サプリメントを利用してみるのもいいでしょう。

また、手軽に酵素を補いたいのであれば、市販の酵素ドリンク・ジュースを利用するのがいいでしょう。

≫≫ 厳選した野菜や果物たっぷりの酵素ドリンク飲料!【人気ランキング】

酵素と生活習慣の関係

前の記事 | 次の記事

関連記事