トップ > 酵素食品の種類と摂取方法 > 酵素食品の種類(液体、粉末、ペースト、錠剤、ゼリータイプなど)

酵素食品の種類(液体、粉末、ペースト、錠剤、ゼリータイプなど)

酵素食品の種類(液体、粉末、ペースト、錠剤、ゼリータイプ)について

ドラッグストアに並ぶ栄養補助食品の数々。加工方法なども新しく開発され続けており、種類は増える一方です。

人間の体に欠かせない酵素を補給できる食品もたくさん登場しています。食材だけでは補給しきれない部分を補助する栄養食品です。

一口に酵素食品といっても実に様々な形があります。液体や粉末、ペーストタイプ、錠剤タイプ、カプセルタイプ、ゼリータイプなどがあります。

液体タイプはポピュラーなタイプで、野菜や果物といった酵素がたくさん入っている食材を材料にして作ります。糖分を加えることで発酵させて液体にするのです。

原材料にはビタミンミネラルが豊富なものが選ばれて使われます。これらの栄養素を一緒に補給することで、吸収効率がより高まるのです。

粉末タイプは液体とは逆で、一旦乾燥状態にします。乾燥状態になると酵素は働きを一旦止めて眠っている状態になります。

これが体内に入ることで覚醒し働き始めます。力を温存した形で体に入るので、一番効率のよい状態で働くことができます。

乾燥しているため長期保存も可能です。持ち運びもできるため、重宝されていますね。この粉末を錠剤にしたりカプセルに入れたりして飲みやすい形で販売されています。

他にはペーストタイプがありますね。液体と粉末の中間の存在といえます。ペーストタイプは他のタイプと比べて摂取がしやすい代わりに多少お値段が高めではあります。

ゼリータイプは食べやすく、味も色々工夫されていて人気の商品のひとつです。自分が好きなタイプや味を選んで、普段の食生活に取り入れてみてはいかがでしょうか。

また、酵素を摂りながら置き換えダイエットをしたいなら、酵素ドリンクを取り入れるのが良いでしょう。

≫≫ 当サイトで人気の置き換えダイエットに最適な酵素ドリンクはこちら

酵素食品の種類と摂取方法

前の記事 | 次の記事

関連記事