トップ > 酵素と生活習慣の関係 > お酒は適量の意味について

お酒は適量の意味について

お酒は適量の意味

お酒はほどほどに、とお酒好きの方はよく言われることでしょう。

少量のアルコールなら体を温め血流を促進する効果があるので、酒は一薬の長などとも言われます。

しかし、酵素の観点から考えると決していいものではありません。なぜなら、アルコールを分解する過程でかなりの量の酵素が使われてしまうからです。

アルコールの分解過程はかなり複雑です。アルコールが体内に入ると一番に肝臓からアルコール脱水素酵素(ADH)という物質が出てきます。

それがアセトアルデヒドに変わり、そこからまたアセトアルデヒドを分解する酵素(ALDH)が出動します。最終的に酢酸に変わり、炭酸と水に分かれて外へ出て行く、という流れです。

個人差はありますが、日本人は基本的にアルコール分解系の酵素が少ない民族だといわれています。

ですので、体内にあるものだけではアルコールを分解しきれないということも出てきます。

そうしたときにはミクロゾームエタノール酸化酵素が出てきますがそれは最終手段です。

ここまでいくと肝臓にはかなりの負担が強いられている状態ですので、肝硬変や肝臓ガンなどの原因となることもあるのです。

お酒は楽しいものですが、飲みすぎている時の体の中では大変な状況になっていることを覚えておいてください。

肝臓は症状が出にくいため、気づいたときには手遅れ、ということもよくある話です。

お酒が人生の楽しみ、という方はせめて週に1-2回は休肝日を設けるようにしてほしいですね。働きっぱなしでは大好きなお酒が飲めなくなる日も近くなってしまいますよ。

どうせならお酒をやめて、野菜や果物、野草、海藻などの酵素がたっぷりの酵素ドリンクやジュースにしてみたらどうでしょうか。

≫≫ 野菜や果物、野草、海藻などたっぷりの酵素ドリンク!【人気ランキング】

酵素と生活習慣の関係

前の記事 | 次の記事

関連記事