トップ > 酵素の働きと必要性について > 代謝酵素の必要性について

代謝酵素の必要性について

代謝酵素の必要性

人間や動物の生命活動の維持に欠かせないものはたくさんあり、そのひとつに代謝があります。

細胞は常に生まれ変わりを繰り返し、古いものは排出され新しいものが作られていきます。

この代謝サイクルが生きていくための重要な活動となります。

その代謝を滞りなく行っていくために必要なものが代謝酵素です。

この存在があるおかげで、新陳代謝が行われ心臓が動き呼吸が行われ、運動したり考えたりという活動ができるわけです。

生き物の中にある酵素の量はもともと決まっていて、これが無くなった時が寿命であるという説があります。

寿命に個体差があるのは元々生まれ持った量が違うからというのです。

このように重要な位置づけであるものですが、仲間である消化酵素と関係があります。例えば脂っこいステーキを食べたと仮定しましょう。

脂身たっぷりのステーキを食べると胃腸は大忙しです。消化するためにたくさんの酵素を使うことになります。

しかし全体の量は決まっているので代謝にまわす分から消化に充てることになります。

結果、偏った食事ばかりを続けていると代謝機能が落ちてしまうのです。消化ばかりに比重が偏ると、免疫機能などにも影響が出てきます。

代謝に使われるものは免疫機能もまかなっていますので、消化に時間がかかると防御が疎かになってしまいます。すると病気のリスクが高まったり疲れやすくなったりするのです。

暴飲暴食がいけない理由は、こうした関係も根底にあるのです。理屈がわかると、健康に気をつけようという意識がわいてきますね。

また、酵素を外から摂りたいなら、果物や野菜、野草を積極的に食べたり、美的90選ベジライフ酵素液などの市販の酵素ドリンク飲料を利用するのもいいでしょう。

酵素の働きと必要性について

前の記事 | 次の記事

関連記事