トップ > 酵素の働きと必要性について > 体の外から摂る酵素(生野菜・果物など)について

体の外から摂る酵素(生野菜・果物など)について

体の外から摂る酵素(生野菜・果物など)

人間の生命維持のために欠かせない存在である酵素ですが、実は体内にあるものだけではありません。外部からも摂取することができるのです。

毎日行う食事の食材に含まれていて食物酵素と呼ばれています。

食物酵素は主に生野菜や果物などに多く含まれているものです。

食事によって生命維持の源を摂取することができるのですからこれは意識したいですよね。

目安として、日々の食事の2分の1程度を食物酵素が豊富な食材に切り替えてみましょう。

摂取する際にはそのまま切って食べるのもいいですが、ひと手間かけて「皮ごと」すりおろして食べるのがおすすめです。

こうすることで食材の細胞が破壊されて、効率よく摂取することができるのです。

また、すりおろすことで消化吸収がよくなりますので、消化にかかるエネルギーを節約することができます。

みなさんがよく食べるもので言えば、大根おろしがありますね。皮を剥かずにそのまますりおろしてみてください。

近年美容と健康を意識する人々の間で「マクロビオティック」が流行しています。美容健康維持という面から、リビングフードという食事方法も注目されています。

これは、健康や美を生活から意識し、生野菜や果物などの食物酵素が豊富な食材をたっぷりとっていきましょうというものです。体内で足りないものは外から補ってみましょう。

一度にたくさん食べるのではなく、こまめに食べることが大切です。野菜などの栄養素は貯めておくことができませんから、常に意識して継続していくことが重要ですね。

また、手軽に毎日摂りたいなら、野菜やフルーツ、野草などを発酵濃縮した酵素ドリンクを利用するのもおすすめです。

≫≫ 厳選した野菜、果物、野草たっぷりの酵素ドリンク飲料【人気ランキング】

酵素の働きと必要性について

前の記事 | 次の記事

関連記事