トップ > 酵素の補給方法(野菜・果物など) > 肉や魚の摂り過ぎに注意!一緒に果物や野菜もたっぷり食べよう!

肉や魚の摂り過ぎに注意!一緒に果物や野菜もたっぷり食べよう!

肉や魚の摂り過ぎと果物・野菜の補給の必要性

人間が体を動かすためには炭水化物やタンパク質などのエネルギーが必要になります。

とりわけタンパク質は体にとって欠かせない栄養素です。

タンパク質を摂取するためには肉や魚を食べることが一番ポピュラーな方法です。しかし、肉や魚を摂り過ぎると体に悪影響を及ぼしてしまいます。

肉や魚を食べると体内にタンパク質が入っていきます。これらは一旦アミノ酸に分解されてから吸収されますが、この時に酵素の働きが必ず必要になります。

私たちが普段肉や魚を食べるときは加熱しているものが多いですよね。「加熱すると、肉や魚に含まれている酵素はなくなってしまいます。

入ってきたタンパク質をアミノ酸に変えるだけでもたくさんの酵素が必要になります。にも関わらず、負担が大きい食材が入ってくるということは、体にとって大きな負担となります。

体の中にある酵素だけでは、肉や魚を分解しきれずにそのままのタンパク質が腸へ移動してしまいます。腸への負担はかなり大きいことが容易に想像できますね。

焼肉やステーキを食べたあと、胸焼けがしたり胃腸が重たくなったりするのは胃腸への負担が大きいことの証です。お酒などが入ると余計に負担が大きくなってしまいます。

この状態を和らげてあげるには、肉や魚と一緒に野菜や果物などをたっぷりと摂取することが一番です。

サラダや果物をメニューに加えて食べることで、肉や魚にないビタミンやミネラルの補給もできますね。

生野菜や果物は、肉や魚の消化吸収を助ける働きがあります。肉や魚を食べるなら必ず一緒に野菜や果物をとるように心がけておきましょう。

野菜や果物が苦手な方は市販の酵素ドリンク・ジュースを利用するのもおすすめです。

≫≫ 厳選した野菜や果物たっぷりの酵素ドリンク飲料!【人気ランキング】

酵素の補給方法(野菜・果物など)

前の記事 | 次の記事

関連記事